農業体験農園という趣味

円です。アウトドアの趣味として、釣り、キノコ狩りなどの狩猟系の趣味と、家庭菜園、農業体験農園などの耕作系の趣味があります。杉並区など都会に住んでいますと、釣り、キノコ狩りなどは、その釣れるあるいは、採れる場所に行かなければ実現しませんし、行ったとしても確実さが保証されていません。

先日、浦安の方にハゼを釣りに行く機会があったのですが、半日ねばって息子と2人で10匹程度でした。小さいころからなじみの場所で行けば例年50匹は固いところでしたが、残念ながら8月に起こった青潮の影響で魚影が薄くなったとのこと、行ってみないとわからないものです。釣れるだけマシなのですが、夏休みにある渓流に釣りに行った時は、5月ではコンスタントに釣れた場所でも夏休みには数時間行ってもアタリすらありませんでした。いわゆるボウズでした。釣りは、自然の環境変化の影響をモロに受けてしまう趣味で自分がコントロールできない要因が多々あります(それを読んでこそ腕前だと言われてしまうと元も子もありませんが。。でも釣れない時はさっぱり釣れないということは確かにあります)

釣りのレジャーパフォーマンスを考えますと、所要時間は半日~1日/回で、コストは、数千円~1万円/回で、ボウズの時は落胆リスクも高いです。ですが、苦しんで釣れた時、あるいは大漁や大物が掛かったときはアドレナリンがドバッと脳から出てくるように感じ満足感も一気に生じます。

一方で、家庭菜園、農業体験農園ですが、毎週通えますがアドレナリンがドバッと出るような刺激はあまりありません。しかし、行けば必ず何らかの小さな発見があり、経験の蓄積によりじわじわと面白くなってくる趣味と言えます。所要時間も数時間/回で、コストも交通代+農地の賃料くらいで、数百円/回程度です。

太く短い狩猟系の趣味と細く長い農耕系の趣味、みなさんはどちらが好みですか?近所でじわじわと面白くなってくる趣味も良いものです。でも、そういうのってなかなか子どもは理解してくれないんですけどね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です